告白か?

今日は仙台日独協会主催のヴァイオリンリサイタルに行ってまいりました♪

仙台国際ホテルにて。軽食付き

演奏もお食事もとても楽しみに伺ったのですが~。

偶然お隣になった方が大変気さくで明るい方で、さらに楽しいひと時を過ごせました。

ヴァイオリニストは、小池まどかさん。

日独交流150周年ということで、

ブラームス「ヴァイオリン・ソナタ 第1番」ほか

日独修好通商条約が締結された頃の音楽を主体とするプログラムでした。

何でもチケットはあっという間に完売だったとかで。

行けたのは本当にラッキーでした。

留学先でも時々ヴァイオリンの演奏会を聞いていましたが。

改めて「こんなに美しい音色なのね~」と感動。

ブラームスもよかったですが~。

Fritz Kreislerの「Praeludium and Allegro」

が、とてもツボでした

ワタクシ、器楽曲は本当に疎くて、今回この曲とは初対面でしたが。

かっこよくてゾクゾクしました。

ただ純粋に、心から音楽を楽しめる時間って本当に幸せ~。

その曲やその演奏が「好き」か「嫌い」か「無感動」か。

本当に感覚的。野生の勘、本能のまま(笑)。

そんな訳で(?)、今日のリサイタルは「好き」でした~♪

小池さんご本人とちょっとだけお話しできたのですが、人混みが苦手&帰り際でバタバタしていたこともあり、焦ったワタクシ。

途中から何を言いたいのかわからなくなり、いろんな言葉をすっとばして

「私は好きですっ」

…。

心の中で「告白かっ!」とひとり突っ込みした瞬間でした…(笑)。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP