オケコース日記 その1

7月12日(火)-出国前日-

費用について「節約すべきところはできるだけ節約し、使うべきところに使う」をモットーに(笑)。

国内移動は、初めて「バス」。

東京まで3,500円ですよ。奥さん。

東京で友人と会い。人生について大いに語る。

準備が適当過ぎて成田へのスムーズな行き方がわからなくなり。

頼りのスマホは充電切れ寸前…。

結局、国内移動なのに、成田への行き方を友人に手伝ってもらって調べる始末(汗)。

さらに、ハンガリーでのホテルの英文予約書等、たくさんの忘れものに気付き。

成田には無事に着いたものの、なんだかとっても綱渡りな雰囲気。

日本での仕事についても、ネガティブな事案が舞い込み。

急にいろんなことが不安になった、出国前夜でございました。

7月13日(水)-いざ!ハンガリーへ-

色々考えちゃって、眠れぬ夜を過ごして。

でも、そのおかげで腹をくくれた出国の日。

忘れもののうち、「万が一に備えた防寒具」を成田空港で購入することにしたのですが。

最後にハンガリーを訪れた時の印象があまりにも強すぎて(死者が出るほどの酷暑)。

暑さ対策に重点を置いた準備をしておりました。

「無駄にしたくないなぁ~」と、薄い長そでシャツを一枚だけ購入。

今思えば、考えが浅かった…となるのですが。

DSC_0026_convert_20110731152554.jpg

フィンランド航空。

今回は、ヘルシンキ経由です。

ムーミンに会えるかな。

Hungary+2011+001_convert_20110731152855.jpg

機内でのお飲み物。やっぱりフィンランドビールでしょう。

Hungary+2011+002_convert_20110731153014.jpg

一人旅でも、超ご機嫌。

ヘルシンキでは乗り継ぎに1時間ちょっとしかなく。

さらに、出国前から色々と格闘してきたスマホと、また格闘してしまい。

ムーミンには会えないまま、ハンガリーへ。

ブダペシュト到着は、確か現地時間の夕方6時過ぎでした。

空港からホテルまではエアポートシャトルミニバスを利用することに。

バス+地下鉄でも行けるのですが、荷物を持っての移動が大変なのと、(一応)女性のひとり旅。

ここが「使うべきところ」その1。

このバス。方面が同じホテルの人たちと同乗するのですが。

お隣になった方が、カナダ・トロントから来たという女性でした。

「音楽の勉強に来た」「専門は合唱」と告げたところ、目がきらきら☆

おもむろにi-podを取り出すと「歌が入っているから聞いてくれ」とおっしゃいます。

お嬢さんが音楽を志しているというので、きっとその子の演奏だろうと、ワクワクして聞くことに。

前奏ですぐに曲名がわかりました。

なぜなら、「タイタニック」の「My heart will go on」だから。

美しい前奏のあと、歌声が…。

……。

それはそれは…。筆舌に尽くしがたい…。カラオケ。

「私が歌っているのよ」と、コメントを求めるきらきらした眼差し。

悩んだ挙句「歌が好きだってのがすごーくよくわかるよー」と満面の笑みで伝え、演奏の途中でしたが、イヤホンをお返しいたしました。

最後まで聞く気力はちょっとなかったです。。。

その後もかみ合わない会話を楽しみつつ。

無事にホテルに到着。

一人で滞在するので、ここもちょっと奮発して、「四ツ星ホテル」。

しかも、できるだけ、交通の便がよく、何より景色がよいところにしました。

Hungary+2011+006_convert_20110731155629.jpg

ホテル・ヴィクトリア

Hungary+2011+003_convert_20110731155724.jpg

目の前にドナウ川。

Hungary+2011+005_convert_20110731155804.jpg

部屋の窓から、ドナウ川や国会議事堂が見えます。

Hungary+2011+004_convert_20110731155845.jpg

右手奥には「くさり橋」。

絶好のロケーション。

荷物を部屋に放り投げ。

ドナウ川沿いを散策。

2002年が初ハンガリー訪問。

2004年から2007年までハンガリーに住み。

その間、この界隈も何度も訪れましたが。

またここにいることがとっても不思議。

懐かしいような、嬉しいような、いろんな感情が湧きあがりました。

Hungary+2011+011_convert_20110731160413.jpg

近所のスーパーで、昔ハンガリーにいた時よく好んで食べたお菓子とビールを買い、簡単な夕食。

「ホテルについても、勉強をがんばるぞ」という気合いは空回り。

日本からハンガリーへの長い一日を振り返ることも、明日への期待と不安をどうこうすることもなく。

あっという間に夢の世界へ旅立ってしまったのでした。。。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP