突き動かすもの

元来煩悩にまみれた人間で(笑)、物事が達観できず、思い悩むことも多々あるのですが。

そんな心の迷いを救い出してくれるきっかけは、何気ない日常の、さりげないところにあったりします。

要は、それに気づけるか、でして。

自分の心の在り方次第なんだな、と思います。

音楽を語れるほど音楽に精通している実感はないですが。

でも、音楽を通じて心が大きく震えるので、私はその震えに忠実に、突き動かされるように、音楽にまた向かっていきます。

音楽ってなんでしょうね。

不思議。

私にとっては。

ただ、心を癒すとか、楽しむとか、そういう次元の存在じゃないのですよね。

沢山の困難を与えると同時に、それを越えるパワーも与えてくれる。

人や物事を深く愛することを教えて、失う辛さも教えてくれる。

見栄なんかに取り付かれると、心のアンテナはあっという間に錆びついて。

何も感じられなくなって。

音楽の魂みたいなものと、共鳴することができなくなる。

ただの声が、ただの音が。

人の心を震わせるほどの、命を宿していくのって、すごいと思う。

声が、音が、重なって、豊かな彩で、私たちの心に、目では見えないものを見せていく。

喜びを湧き上がらせ、悲しみを和らげ、過去を慈しみ、夢を抱かせてくれる。

すごいなぁ。

なんだかうまく言えませんが。

とにかく、すごい。

小さな曲たちと向き合うことが多いのですが。

華々しい大きな曲に負けず劣らず、一つ一つに魂があるのです。

むしろ、それらは、私たちの日々、日常、いたるところで、身近にいて。

私たちの持つ感性を大いに刺激して、喜びを大きく、苦しみを和らげ、悲しみを癒してくれるのですね。

歌は、魂を言葉と声に乗せて、人の魂に届けるものなんじゃないか、と思うのですが。

合唱はそれを更にハーモニーという強力なうねりにグレードアップさせて、人を包み込んでいくように思います。

合唱に携わって四半世紀以上になりますが。

今でも、その魅力と魔力の根源をつかみきれず。伝えきれず。

熱烈な片想いのように、大きな苦しみと大きな喜びを味わう毎日です(笑)。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP