妄想で感動☆

今日のランチがちょいと不発で、精神的消化不良・不完全燃焼のヤギです。こんにちは。

要は「私が」会の趣旨に対しお店の選択を誤ったのですよ…。しょぼん。

個人的に夕飯で挽回したいと思いますが、ビストロ・ヤギは、まだメニューを決めていません。

なお、このビストロ、唯一の常連客に仕込み(炊飯ともいう)をさせる不思議なお店。

さてさて。

出番のお知らせをUPしなければーーー、と思うのですが。

先日一生懸命書いたのにうっかり消去してしまったことがあるので、それを先に。

それは古本で手に入れた「女声唱歌」のこと。

明治時代に発行された古い歌のご本。

唱歌と言っても、小学唱歌、幼年唱歌、尋常小学唱歌とか色々あるんですよね。

女声唱歌、女学唱歌があることは今回知りました。

手元にやってきたのは、大正時代の版。

時代を感じるご本には、菩提樹やローレライも載っています。

元の持ち主のドイツ語やカタカナの書き込みがあって。

それを見た瞬間、昔の人たちの歌を通じた心の動きを勝手に妄想して。

ワタクシ、なんだかとっても感動してしまいましたの。

もちろんネットもテレビもない時代。

江戸から明治に大転換してまだ数十年。

初めて洋風の音楽を見聞きしたときには、きっと新鮮な驚きで心が震えたのではないかしら。

異国情緒あふれる調べに、遠い世界を想い、まだ見ぬ異国の自然や人の営みを思い描き、歌いながら夢や憧れで心がいっぱいになったのではないかしら。

…なんて。

そんな風に想いを馳せて向き合うと、既知の曲が急に違う姿を見せ始め。

まるで、新たに出会ったような感動が。

そして、歌う感動は、何倍にも何十倍にも膨らんでいくのです。

一冊の古い楽譜から妄想広がりまくり。

音楽って、歌って、やっぱりすごいな、と、とても嬉しく思った瞬間でした。

by
関連記事

コメント2件

  • Heart より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    本当に初めて遠い国の旋律を聞いた時の感動ってすごかったでしょうね。

    言葉もわからない。世界もわからない。でも、ここにない世界がきっと・・・・

    自然に広がっていくような、その曲のなかにすっぽり入っちゃいそうな。

    童謡にもありますね。

    先生のレッスンでも、歌っているドイツやスイスの童謡。

    カエルの歌や、静かな湖畔の森のかげから♪

    子供の頃から日本の田んぼのカエルさんや、神社のある山のかっこうを

    想像して歌っていたけど、遠い外国の曲と知った時から、また、違う世界が広がってきた事を思い出しました。

    想像するって、本当に素敵!

    最近ちょっと・・かなり?鈍ってきたけど(笑)頑張らなきゃ・・・妄想!

  • やぎ より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    ありがとうございます。

    色んな角度で見ると、音楽も色んな色彩を帯びてきますね!

    童謡や唱歌として歌われるものには、実は外国出身の作品も多いのですよね。

    そういう事実を踏まえて歌うのももちろん楽しいですし、「自分自身の感動」に「(昔の人の)感動の追体験」を重ねるのも楽しいはずです!

    歌ってすごいですね。

    心の中に、広い美しい世界が広がるようです。

    これからももっとたくさん皆さんと共有したいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP