今年の締め?

振り返るにはまだ少々早いですけど。

今年は、人々との出会いや良質の音楽など、とてもよい機会に恵まれた一年でした。

この幸せな一年は、1月のベルリンフィル@ベルリンで幕を開けたと言えます。

オーケストラが、音楽という言語で語りかけて来てるーーーと痛感。

しかも、いきいきと、渾身の演奏で。色々考えてしまって、泣けました。

春から秋まであーだりこーだりありまして。早12月。

今年のコンサートの締めは、(おそらく)昨日のサラ・ブライトマンのコンサートになるんじゃないかと思います。

ちなみに、私は彼女の熱烈なファンという訳ではなく。

彼女の代表作を合唱で取り上げる機会があるので、そこそこ知っている程度。

今回は、珍しい人(笑)が私を誘ってくれたので、でかけてみました。

…が。

もー、「ショー」「エンターテインメント」として、ワクワク感が半端なく。

オープニングのオーケストラ演奏の後、彼女が登場した瞬間、意味もなく、泣けました。

昨日のステージは知っている曲やそのアレンジ物が多くて。

トトロの「風の通り道」を日本語で歌うのを聞いて、

「今年うちもやったよー!」と偶然の一致を喜んでみたり。

大好物のスカボロー・フェアでは、すべてが嬉しくて、また泣いてみたり。

そして、コンサートの終わりは「Time to say goodbye」。

大好きな曲を生でー。

最近演奏していたので「歌詞が聞き取れるし、意味も分かる!」とテンションマックス。

アンコールに応えて、2曲も歌ってくれまして。

高揚感と感動で満たされた一夜となりました。

<おまけ>

熱烈ファンではないといいながら。

終演後、ぎゅうぎゅうの人ごみをかき分け、サイン入りパンフと、最新アルバムなどゲット。

IMG_0732.jpg

明らかに、高揚感と感動による、「衝動買い」=「散財」。

これからしばらく霞を食べていきていきます。。。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP