上書き保存?

本日は、METライブビューイングに行きました。

演目はプッチーニ「トゥーランドット」

相変わらずハイクオリティ。

幕間のインタビューがとても面白くて、過去のも全部見たいくらい。

かの有名な「誰も寝てはならぬ」が歌われるシーンでは、

「これはこういう曲だったのかー」とはじめて納得したほど、オペラ音痴のヤギですが。

お話が先に進むにつれて、どんどん引き込まれて、第3幕では、涙腺が崩壊してしまいました。

崩壊ポイントは、女奴隷リュー。

音楽が美しい…というレベルを超えて。

何かが降りてきた感じでした。私には。

終演後、モール内を少々徘徊しましたが、

気を緩めると涙腺も緩むという、むき身のエビみたいにセンシティヴな状態…。

こんな状態で今日一日無事に過ごせるかな、とちょっと不安になりました。

が。

車のエンジンをかけた途端にラジオで流れた「星降る街角」に、私の脳内はあっさり乗っ取られました(´・_・`)

とほほ。

一瞬、昭和歌謡が勝ちましたけども。

こうやって書きながら思い返すと、やっぱり感動がよみがえります。

映画館ですらそうですから、本物はどれだけなのでしょう。

あんな神がかった場面に居合わせてみたいとちょっと思いました。

上映は今週金曜日まで続きます。

METライブビューイング

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP