ライフワーク?

ワタクシゴトですが。

来年ハンガリーから帰国して10年の節目になることもあって、これからの10年何をしようかな~なんて、薄らぼんやり妄想中。

ライフワークとでも言ったらいいでしょうか。

帰国後、「ソルフェージュ(音楽の基礎教育)」面に力を入れてきたけれど。

これからはハンガリー音楽の「演奏面」にももう少し力を入れたいなぁ。

私の音楽の礎は、ハンガリーでの学び。

ハンガリーという国に育ててもらい、そのご縁から出会いも学びも広がりました。

だから、ご恩返しに、毎年少~しずつハンガリー音楽を取り上げていけたらいいな~というのが目下の野望。

そもそもハンガリー音楽って?

ロマ(ジプシー)音楽との違いは?

などなどをもっとちゃんと勉強したいと思っています。

居酒屋用語以外のハンガリー語ももっとちゃんと覚えよう(´・ω・`)

今回取り寄せた、ハンガリーの作曲家の一人、フェレンツ・ファルカシュのCD。

IMG_2044.jpg

ハンガリー音楽との比較のために図書館で借りた、ロマ(ジプシー)の旅路を歌と踊りで綴っているらしい「ラッチョ・ドローム」のDVDと一緒に記念撮影。

フェレンツ・ファルカシュのご子息、アンドラーシュ先生は私の指揮の先生の一人。

アンドラーシュ先生と出会ったのは、丁度10年前、所属していたハンガリーの合唱団のスイス遠征ででした。

遠征中本当によくしていただいて。

その時、翌年夏に開催される合唱指揮者のためのオーケストラ指揮コースにお誘いいただき。

その件で、ハンガリー、ブダペシュトのご自宅にもお招きいただいて、一人で頑張って行ったっけ(笑)。

よちよち英語で、電話で場所を聞いて、知らない町に、自分のメモだけを頼りに行ったのは、完全なアドベンチャーでした。

当時の私は作曲家フェレンツ・ファルカシュがどんな方か全然知らなくて。

作曲で使っていた書斎とか見せてもらったのに、感慨がなかったという。。。

今なら、泣く。

もー10年になるのかぁ(遠い目)。

あの出会いから、広がった世界は本当に大きくて。

物凄い刺激的な経験だったなぁ。

CDを聴いているといろんなことが思い出されると同時に。

美しい音楽に何かが浄化されていくようで。

自分は何を太陽にして、育っていくべきか、考えさせられます。

そうそう。

ファルカシュの作品に17世紀の古い舞曲に基づく楽曲があるのだけど。

コダーイ研究所でジュジャ先生の「ハンガリー音楽史」で学んだ旋律が満載。

それを聴くと…。

曲の一部を聴いて題名と解説を書く音楽史の試験が、「イントロクイズ並み」にハードだったことが思い出されます。

いい思い出だ(笑)。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP