サイン会

今日は、「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のコンサートに行ってまいりました。

いや~、めっちゃ楽しかったです。会場いっぱいのお客様も大喜び。

トークも軽妙、お客様を飽きさせない(というより惹きつける)工夫されたパフォーマンスに心が躍りました。

全くの初心者の方を舞台に上げて、ヴァイオリンを体験してもらいつつ、パッヘルベルのカノンを一緒に演奏するという企画には、ちょっと胸を打たれて目頭が熱くなりました。最近、年のせいか、涙腺ゆるゆる。

高嶋ちさ子さんと言えば、大変アクの強い方というか、キャラの濃い方、というか、毒舌というか、あれ?

まぁ、そんな感じの方としてTVでお見掛けするのですけど。

いつぞや、この12人のヴァイオリニストの舞台裏など放送されたときに、キャラは濃いし、言葉もきついけど、舞台や音楽活動に関して言っていること(根っこ)は、とても真っ当に思えて、私はとても共感を持ったのですよね。

いつか本物を見る機会があれば、と思っていたところに、仙台公演の情報を得て、迷わず行くことにしました。

今日は、1曲目が始まった時から、「おぉっ」ってなってしまって。雰囲気に。

笑いある和やかな雰囲気でくつろいで楽しみながら。

前半が終わるころには、「CDを買って高嶋ちさ子さんのサイン会に参加しよう」と決意してました(笑)。

私の部屋には今CDデッキがなくて(^^;;再生するのがちょっと容易ではないのですが。

高嶋さんのご尊顔を近くで拝したいし、たった1枚のCDでも、購入することで皆さんの音楽活動の足しになればいいなと思ったのでした。

IMG_4267.jpg

予告チラシと、本日購入したCDジャケットのサイン。

記念になるね~。

流れ作業的なサイン中「とっても楽しかったです」と声をかけたら、顔をあげて「ありがとうございます」と返してもらえて。

たったそれだけのことが、やたらうれしかったりして。

何から何まで本当によいコンサートでした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP