大人にもどうぞ

私の合唱指導は「頭が疲れる」とよく言われます(笑)。

どーも、すみません(棒読み)。

頭を使うから頭が疲れるのであります。

頭を使わず、無になって歌うこともよいですが。

頭を使うと、音楽の魅力をどんどん知ること、深めることにつながりますし。

練習を効率的にもしてくれます。

音楽は知的な遊びですし。

よく考えることは、音楽表現にもとても大事です。

どんどん頭を使っていきましょう。

慣れると、気持ちよくなってくるし(笑)。

何より、脳トレになっていいですよ。

頭を使うと言えば。

お勉強しようと思った時に、自分のレベルに合う資料に出会えることってかなり大事ですね。

気合を入れて手にした本が、全くわからずに、あっという間に部屋のオブジェになることありませんか?

私はあります☆

難しい本にかじりつくのもよいですが。

私はそういう時あっさりステップバックします。

(しかもかなりバックします…笑)

なので、手元にこんな本もあったりしますよ。

DSC_0812.jpg

左は、ドラえもんの学習シリーズより「楽ふがよめる」。

だいぶ前に入手したものです。

この本は、私の読譜のためというよりは、初心者の皆さんへどう伝えたらよいか、何かご紹介できるような本はないか、と、楽典の解説書を買い漁っていて出会いました。

実は、これが、かなり、私にはしっくりきました(笑)。お勧めします。

右は、「こどもギリシャ哲学」。

これは今日届いたものです(笑)。小学生向け。夕方手にして、あっという間に読み終えました。

これから、中学生向けの本を探そうと思っているところです(笑)。

子供の本だからと侮れないんです。

「頭を使うこと」についても、すご~~く考えさせられましたよ。

むしろ、子供の本だからこそ、大人の私が気づかされること多々あり。なんです。

大人になったことで、見失っていることも多いですから。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP