気づくこと

あれから一週間。

早いような、そうでもないような。

皆さまいかがお過ごしですか?

昨日の寒さは本当に厳しいものでした。

種々の物資の不足、続く余震、心労等で、お体など壊していませんように。

私はおかげ様で元気です。

今日、小さいけど、私にとってはとても素敵なことがありました。

パリの友人が、私のFacebookにユーモアのある書き込みをしてくれたんです。

国内外から「がんばれ」とか「気持ちを強く」とか、あるいは「がんばらないで」とかたくさんありがたい言葉をいただいて、自分も「そうありたい」と自分を奮い立たせたり、意識して肩の力を抜いてみたり。

そんな中、地震も何も関係ない、いつも通りの他愛ないジョーク。

思わず「フッ」と吹き出し、すごく気持ちが楽になりました。

私にも、(一応)色々心配なことがあります。

でも、私には自分なりの気持ちの整理の仕方があって。

自分なりのベストを尽くしたうえで、それでも起こってしまうことは、もう、運命だし。

泣いても笑っても、行き着く先は同じだと思うのです。

だったら、今の私は、少しでも笑って、一瞬一瞬を少しでも楽しんでいこうかな、と。

そうして迎えた結果が、もしよいものだったら、ものすごい得?

もちろん、いつもそうきれいに割り切れることばかりでもないですが。

今は、そう思おうかな。と。

閑話休題。

今日、ワタクシ、数年ぶりに自転車に乗ってでかけました。

物資の調達が目的でしたが、天気がよくて、実は気持ちがものすごく晴れたんです。

並んだところでの人々の会話がとても前向きで、たくさん元気をもらいました。

さらに、うちの自転車、ギアが壊れてて、予想以上にいい運動になりました…。

ところで。

交差点で、私が青信号で横断歩道を通っていたのですが、右折のタクシーに轢かれそうになりました…。

目の前を思いきり横切るタクシー。ノーブレーキ。まったくノー減速…。

慌てて止まったのは私です。思わず信号を二度見しました。

…信号復旧したのにねぇ。

停電で信号のこともいろいろ騒がれましたけど。

「信号」がどうこうじゃなくて、やっぱり、人の気持ちの在りようや不注意で、事故って起こるような気がします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP