歩みをゆるめて

今年で、ハンガリーから帰国して5年になります。

思えば、ある方から声をかけていただき、初めて海外での勉強の機会を得た2002年頃が、一つの分岐点で。

その頃、「留学」の声をかけていただき。

最初は「何かの間違いじゃ?」と、冷静だったのに。

異なる複数の方に言っていただくうちに「もしかして、勉強に行った方がいいのかも」なんて、段々真に受けて(笑)。

血迷って覚悟を決めて以来、今まで、がむしゃらに突っ走ってきました(笑)。

留学は、音楽専門教育ほぼゼロからのスタートだったし。

帰国後も合唱団ゼロ、団員ゼロからのスタート。

去年は、震災があって、ゼロどころか、精神的にマイナスなところから活動を再開。

マイナスをプラスに転じようと必死だったように思います。

まる10年間かぁ~。

走ったなぁ~。

帰国しての5年で。

少しずつですが、団員も増えまして。

震災という苦しい経験をして、がんばって皆でコンサートもしました。

ここらで、少し、いろんなことを見直すのもいいのかな、と思います。

誰のための合唱団なのか。

誰のための合唱活動なのか。

団員皆の合唱団であってほしいなぁ。

皆のやりたいこと、やってみたいことを、実現できるようになったらいい。

関わる団ぞれぞれの魅力を引き出す活動をしつつ、少しずつ前進できるようになればいいな、と思います。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP