ありふれたこと…かけがえのないこと

あと数時間で、あの日からちょうど一年になります。

過日、リエートと一緒に「楽楽楽ミュージックフェスティバル」に参加させていただいたのですが、

会場となった「楽楽楽(ららら)ホール」は、震災のダメージが大きく、再開までほぼ一年を費やしました。

フェスティバルは、こけらおとしもかねており、

リハーサルでステージに立った時、言葉にできない思いが胸をよぎりました。

あんな気持ちで舞台に立ったのは初めてです。

私個人は、今、おかげさまで、ほとんと以前と変わらない生活を送ることができています。

でも、それは、非常にラッキーなことなのだと思います。

今なお、悲しみを抱え、苦しみと共に生活をされているたくさんの方がいらっしゃいます。

原発事故では、見えない恐怖と闘い、将来を憂い続けています。

私の実家が福島であることもあり、やはり他人事ではありません。

合唱を通じて何ができるのか?は自問自答の日々です。相変わらず。

大きなことは何もできませんが。

日常のありふれたことを、「ありがたいこと」と自覚して、

集えることを喜び、言葉、音のひとつひとつに魂を宿せるような音楽をし、

たくさんの皆さんに聴いていただくことが、今の私にできることなのかな、とも思います。

誰もが心に傷を負っているのではないかと思うのです。

歌うことで傷を癒し、聴くことで少しでも和んでいただきたい。

「当たり前」が「奇跡の集合体」だとわかったあの日から。

ありふれた日常は、かけがえのない、輝く一瞬一瞬の積み重ねだ、と思うようになりました。

今は、今しかありません。大切にすべきと思うものは、「今」大切にしなければ。

同じときを過ごすなら、泣くより笑って過ごしたいですよねぇ。

同じ言葉を発するなら、「嫌い」より「好き」と言いたい。

かっこつけたり、自分の心を偽ったり、ごまかしている暇は、ないのですヨ。

これからも泥臭く、合唱バカ全開で生きていこー。おー。

そんなわけで????

最近の楽しいアクティビティ(の一部)をご紹介。

その1

3/4(日)コーロ・リエート「楽楽楽ミュージックフェスティバル2012」に出演しました☆

前日朝にはリハーサルでステージに立てて、当日は、いろんな照明をバックに歌えた贅沢なイベント参加でした。

お仕事や家庭の事情で、なかなか集まれなかった団員も駆けつけ、今持っているすべてを出した演奏だったと思います。

ステージではいろんなアクシデントがつきもの。

今回は、普段とは違うパターンの歌い回しの曲を取り上げたため、本番(演奏)では、面白いコトが起こってました。

これもいい経験ですよね(笑)。次回は、きっとうまくいくでしょう。

リエートも、伸びしろがたくさんあります。伸び盛り~~。

歌う仲間を増やして、集まれる時間を大いに楽しんで、もっと上手になっていきましょう☆

笑いながら☆ネ☆

その2

これは本当に日常の風景ですが。。。

DSC_0198.jpg

SIF、スティーヴンの東京土産「ごまたまご」をきっかけに言葉遊び中。

ヴィレムの紹介してくれた「lepel」はアフリカ語でスプーンの意味だそうですよ。

SIFには現在、アメリカ人、アフリカ人が在籍しています。

皆でいろんな言語のカノンを楽しんだり、「さくらさくら」やアメリカのポップミュージックを合唱したり…。

合唱の定番「流浪の民」を、日本語で、なんてこともやっています。

(日本語で歌えるようになったら、オリジナル言語「ドイツ語」にも挑戦したい!!!)

先週から「日本語のおけいこ(寺島尚彦作曲)」を始めてみました(笑)。

これ楽しい!!!

SIFの楽しいところは、やはり、言葉の壁、習慣の壁を越えて、一緒に気分の高揚を感じたり、アンサンブルをきれいだと思ったり、感動できることだと思います。

「音楽は国境を越える」と言葉で言うのは簡単ですが、体感できるのは、稀です。

SIFは、それを日常の小さいところから味わえるのです。超・自慢!

また、お互いの文化の違いを知ることも、理解への一歩ですよね。

合唱を通じてだけでなく、簡単な日本語と英語での他愛ない会話から、SIFはちょっとずつお互いを理解し、アンサンブル(調和)を構築していっている気がします。こちらも笑いが絶えない活動です。

どうせ同じ2時間を過ごすなら。

できるだけ密度の濃い、音楽の楽しみいっぱいの2時間を過ごしたいですね。

「合唱とはこういうもの」という型にはめない活動をしたい、と、いつも思います。

自由気ままにという意味ではなく、しっかりと型を踏まえて、「型からあふれるもの」をめざし中。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP