初舞台に思う。

明日…今日は、太白区民合唱祭です。

今年、れん杜が初めて参加します。初舞台の人たくさん☆

そしてリエートにも初めてステージに立つ人がいます。

人生で、初舞台って一度きりですものね。

どうか、思う存分満喫してください。

成功することも大事ですが、何よりも、その瞬間を一生懸命に過ごすことが大事だと思います。

思うようにいかなくたって、その時一生懸命だった自分を知り、認めてあげることができます。

本当の成功って、失敗しないことじゃなくて、思い切って何かに挑戦して、経験して、自分の中に何か新しい一歩を刻めることだと思うんですよね。いいことも悪いことも。次に向かう糧になりますもの。

挑戦するのに、年齢も性別も、趣味仕事の区別も何もない。

いつでもどこでも誰でも、挑戦する自由があります。

いや、失敗することがいいことだとも言ってないですよ(笑)。そりゃー、うまく歌ってほしいです。

でも、背伸びは不要です。ありのままの姿が一番美しいんですから。

失敗を恐れず、普段通りののびのびした姿でステージに立ってほしいんです。

繰り返しになりますが、初舞台の緊張は初舞台の時しか味わえないので、楽しんでください。

そして、初舞台を踏む人と一緒に、経験者の皆さんも初心を思い出しましょう。

私自身ももちろんです。

いろんなことを積み重ねてくると、経験値が上がると同時にちょっとさびがついてしまうのですね。

たくさんの人たちと出会うことで、刺激も受けるけれど、時に、自分の目が曇ってしまうこともあります。

いろんなことが「当たり前」になってしまって、喜びも感謝の気持ちも、さびに埋もれてしまう。

本当は当たり前のことなんてないんですよね。

いろんな小さなことが奇跡みたいに積み重なって出会い、集い、見えないものを一生懸命追いかけて、たった数分の出番にすべてをかける。見えない世界を見えるように。心象風景を声の絵筆で描くように。

私、今の合唱活動が好きなんです。(きゃ。告白☆)

もちろん、あぁなったらいいな、こうなったらいいな、もありますよ。

それは今がイヤだからじゃなくて、今が楽しいから、皆と一緒に次のもっと楽しい世界が見てみたい。

今、私が恵まれているなと思うのは。

初心者の方が多い分だけ、新鮮な視点で物事を見られることです。

当たり前だと思い込んでいたことが、実は、そうではないと気づけるチャンスは実はそうそうないですからね。

当たり前だと思うことで、止まる何かがあるような気がするんです。

私も合唱についてはちょびっと経験があるとはいえ、まだまだ未体験・未経験、未知の世界がたくさんあります。

未経験ゾーンでは、私も超初心者になってドキドキするわけです。

実際に、新しいことを一つ知るごとに、新しい人に出会うごとに、「わーい☆」と喜ぶわけです。

もしかすると~。私が「わーい」と声をあげる事象は。

「こんなことで?」と思われるようなことも多いかもしれませんが。

でも、「こんなこと」かどうかは、自分の心が決めることですし。

幸せは誰かが決めることじゃなくて、他ならない「自分」が決めることです。

嬉しいものは嬉しい!感動したものは感動した!!でいいのだ~。

集えることに喜びと感謝。歌えることに喜びと感謝。

過ごせる一瞬一瞬が、楽しい音楽の時間であるように。

私も明日は、初舞台の気持ちで臨みますよ。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP