私に必要なもの

昨日のステラートの練習をもちまして、年内の合唱活動の一切が終わりました☆

この秋、大黒柱を失ったかに見えたステラートですが、なんのなんの。

本格的に無伴奏曲に取り組み始めたこともあり、一人一人が責任感のある音を奏でるようになって、自立したサウンドに変化しているのです。

やはり試練や逆境は人や団を育てるものですよね。

何かを乗り越えた人や団は、芯の強い音楽を奏でると信じます。

私の持つものを最大限に注いで、より素敵な、ガッツリハモル男声アンサンブルにしたい、と強く思いました。

過去の概念に縛られず、新しく柔軟な発想で。

さてさて。

今日からしばらくは、この一年を振り返りつつ、2013年の大まかな予定を立てることや選曲等に時間を費やすわけですが。

各合唱団の活動はもちろんですが、何よりその活動をリードする自分自身についてじっくり思案する時期でもあります。

音楽を志す人間にとって「心技一体」の、心技って何さ?という大きな命題からスタートし。

ぢゃ、今の私に必要なものは何か?に至り。

今やっていることが本当にそれでよいのか、過不足を考え。

「これじゃ、全然足りないんだよぅ」と何かしら新しいことを始める…というのが毎年恒例(笑)。

知りたいことや勉強したいこと山盛り☆

音楽とちゃんと対話するためには語学力!

…なんてことを筆頭に身につけたい技能も沢山あります。

そして、精神的にもっと成長したい。

伝わる言葉の裏(奥)に強い感情があるように。

鳴る音に音楽の魂との結びつきがほしい。

音楽はもとより、歴史や先輩方の軌跡、合唱団との活動を通じて学び。

自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の頭で考え、自分の心で感じ、自分の足で立ち、自分の手で拓き、自分の意志で進みたい。

それができる人になりたいのですなぁ。

願っているだけじゃ叶わないから。

ちょいとがむしゃらでも、思いつくことを一生懸命やるのです。

忙しいフリをして、中途半端になってた自己研さんが沢山あります。

留学から帰ってからの5年を振り返り。

5年の間にもっと自分を成長させられた部分もあったのでは?と少し反省も。。。

でもまぁ、これも人生。

足りてなかったことに気づけたことも成長した証かと(笑)。

この年末年始が再構築のチャンス♪

(体格以外で)一回り大きいヤギを目指します☆

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP