時の流れ

人生の新しい扉を開けたヤギです。こんにちは☆

昔ある研究職の方が「人生で勉強する量は決まっている。若い頃サボった人は後から勉強しなければならなくなるんだよ」とおっしゃってました。若い頃怠けていたツケを感じる今日この頃です。

フランス語の課題で、海外に行った経験を作文していて。

友達とイタリアに行ったことを書きました。

沢山の出来事を昨日のことのように思いだせるのに、それが7年も前の出来事だと気づいて、軽い衝撃。

ローマで滝のような雨に降られたとか。

中世の街並みが残るコルトナのアパートで数日過ごしたとか。

お客4人が乗るタイプのタクシーに5人で乗り込み、

見かけが一番小さい私が友人の膝にのると、運転手が「Pesante?」と問いかけてきたとか…。

イタリア語全くわかりませんでしたが、Pesanteは音楽用語にありましてね。意味が分かってしまいましたの…。

はぁ。

3年間の音楽留学も、遠い昔の出来事ですね。

Il y a longtemps…

ハンガリーに住んだ経験、そこで学んだことは、私の活動の礎。根っこ。

帰国して重ねた日々、今の音楽生活は、昔の経験を根に、幹を育てるようなもの。

根っこがあれば幹が育つ?

いえいえ、日光や養分が必要です。

直接的な勉強や経験はもとより、ありとあらゆることから、糧になるものをいただいていかねば。

温室育ちではダメダメ。雨や風、雪に耐えられるしっかりした幹になりたい。

枝を張り、葉を広げ、いずれ充実した実りがあるように。

精進あるのみ!しょ~じ~ん☆

年を追うごとに、一年が過ぎるのが早くなっていきます。。。

この調子ではあっという間に300歳になってしまう。

人生三桁に突入するまでには、大好きな合唱音楽のことが少しはわかるようになっていたいな。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP