まるい

5/22(水)無事にリエート「おひさまコンサート」終了しました。

普段は猛々しいリエートさんですが(笑)、あちらに伺うと、音がまるくなります。

聴いてくださる皆さんと歌う皆さんの気持ちが通じ合う瞬間なのではないか、と思います。

私はいつも背中を向けているのでわかりませんが。

歌う人には、お客様の反応の一部始終が見えるそうで。

歌えば歌うほど、お客様に向けて音楽がまろやかになっていくのですね。

自分たちが歌を歌うこと、楽しむこと、も大事ですが。

それらを更に一歩進めて、聴いてくださる方のためにどうしたいか、聴いてくださる方が喜んでくださることが楽しみ…になって行ったら素敵だなぁと思うのです。

曲ごとに嬉しそうな反応をいただくのですが、演奏後に歓声があがった曲もありましたねぇ。うれしい反応です。

肩の凝らないコンサートであると同時に、その場にいて一緒に音楽を楽しめるコンサートとして、成功しているのではないのでしょうか。

最後「また来ますね」と言った時の、お客様の輝くような笑顔が心に残りました。

今回。

一曲目から涙され、私たちが帰る時も、涙涙でお声掛けくださった方がいました。

今回、偶然その場に居合わせたそうで、リエートの他の出番について熱心に確認されていました。

細かいことはここには書きませんが。

音楽は、なんて人の心を動かす存在なのだろう、と、しみじみ考えた出来事。

実は、リエートでは、今回が初舞台の方が3人もいらして。

短期間でよくがんばって、本番では堂々と歌っていました。

そこも私の感動のツボを刺激中。

新しい方の上達の早さには、先輩団員の存在が大きく影響していると思います。

入団して間もなくても昔からいる人みたいに溶け込んで、皆さんのびのび、生き生きしています(笑)。

この雰囲気が、素晴しい。

気取らず、気張らず、飾らず。

このまま、ありのままの美しさを磨いて、多くの人と共有し堪能していけたらいいな。

そう思った一日でした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP