想う

今日、東日本大震災から丸3年を迎えます。

あの日のこと、あの日からのこと、色々な感情が胸をよぎります。

3年ってどんな長さだろうと思った時。

あの頃小学校を卒業した子が、来月高校生になるのだ、と、思うと。

その時間の長さに愕然とするのです。

3年て本当は長いのですよ。

でも、あっという間に過ぎてしまって。

いまだ多くの方がふるさとを離れて過ごさざるを得なくて。

根を下ろす土地も、向かうべきところもわからなくて。

3年も経つのに。

まだまだなんです。

これからなんです。

よかれと思うことを少しずつでも重ねていくほかないのだな、と思います。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP