よいものに包まれる時間。

廃人の日明けのヤギです。明けましておめでとうございます。

せんくら近づいてますね。

関連事業の地下鉄駅コンは先週末からスタート。

去年は駅コン参加の他、期間中二つのコンサートを聴きにでかけました。

今年は、興味あるコンサートが仕事と重なってて(涙)、それでも一つは行くー。

コンサートは演奏家が奏でる生きた音楽に触れる絶好の機会ですよね。

見知らぬ曲を通じて見知らぬ世界を知る喜びとか。

せんくらはお代も手ごろで、時間も短め、気軽に出かけられるのもまたよし。

興味のあるコンサートが重なっていると悔しいですが…。

地元でこういうイベントがあることがありがたいです。

よい音楽ってやっぱり心のごはんになると思いますしねー。

ところで。

先日。こんな映画を見てきました。

ボーイソプラノ

色んな視点で見ることができますが。

私の喜びポイントは合唱曲。

予告編では聴くことができませんが、本編ではかなり合唱曲が使われています。

少年合唱のお話ですから、当然ですネ(^^;

これがまぁ、いい曲ばっかり。

何よりうれしかったのは、その多くを私自身が10代半ばから後半にかけて実際に歌っていること。

当時、正直曲の意味はちゃんとは理解できていませんでした。

でも、合唱音楽の持つ響きと世界観に引き込まれてしまったのですね。

映画の主人公よりは年食ってましたけど(笑)、感受性豊かなあの時代に、合唱活動を通じて、名作に触れることができたのは今につながる大きな糧…というかきっとモチベーションになっていると思います。

そういう機会を与えてくださった先生方に改めて感謝しました。

そして。

では、私自身は、合唱団の皆様にそういう機会を提供できているかしら、なんて改めて考える今日この頃です。

合唱の時間が、皆さんにとっていつもよいものに包まれるような、豊かな時間になるとよいなと思います。

<おまけ>

久々に読み直し中。

IMG_1428.jpg

現代の感覚とかなり違うようなんですよね。

なかなかピンとこない。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP