祭の後、祭の前

先週末は、太白区民合唱祭でした。

「れん杜」さんと、「リエート」さんの2団体と一緒に参加させていただきました。

個人的には「本番用の衣装が入らないかも…」という切実な問題を、約2か月のゆるっとダイエットで何とか解消(笑)。

無事に本番を迎えることができました。

れん杜さんは今回、世界の民謡の他、中学合唱でよく歌われる「心の瞳」に取り組みました。

愛について歌う曲ですから~。人生経験豊富な皆様が歌ったら、どんな味わいになるか、が、大変楽しみでした。

言葉の重み、深み、の前に立ちはだかる、リズムと音程(笑)。

…を少しずつ克服し、本番当日がこれまでで一番よい演奏だったと思います。

この曲は、秋のコンサートに向けてさらに熟成させる予定ですので、これからが楽しみですね。

リエートさんは、アカペラ2曲を含む日本の風景を3曲。

今年に入って人の出入りが多くて、新しい方をたくさんお迎えしての本番でした。

短期間でよくここまで歌えるようになったねぇ、としみじみ。

一人一人の努力と、お互いの助け合いのたまものです。

先輩方の団運営も新鮮な形でとても感心しました。

昨秋のコンサートプログラムから再演した曲は、成長したあとが大変よく見える演奏だったと思います。

どちらのグループも「チャレンジ」でしたね。

できることを繰り返す気楽さ、楽しさに加えて、一回り大きくなるような、あるいは一つ階段を上るような、そんな機会を得るのも音楽活動の楽しみの一つと思います。

階段を一段上る毎に、少しずつ見える世界は広がっていき、そしてこれまでの経験を多少俯瞰できるようにもなりますね。

その視界の広さが余裕や自信につながるのかもしれません。

これからもチャレンジの機会を少しずつ持っていけるといいですね。

次の私の祭はやぎらぼ音遊会(笑)。

こちらはゆるっと準備中(笑)。

そして、いよいよミュージックアソートです。これはもう、大祭ですよ(笑)。

やぎ的ミュージックフェスティヴァル。

ミュージックアソートは、昨年夏にプレ企画を開催し。

その後、本企画をず~~~~~っと温めておりました。

来年2月下旬開催予定でただいま、もろもろ調整中。

今回のテーマは、「ハンガリー」にちなんだものを予定しています。

念願のツィンバロンの音色を皆様にお届けできるかも。

というか、お届けしたい!!!!

そして、今回も、できれば、ちなんだお料理を楽しみたい!!

さらにさらに、長年取り組みたいと思っていたコダーイの「天使と羊飼い」を合唱の合同演奏で実現したいと思っています。

器楽作品も含め、隠れた名曲(??隠れてないかもしれない。単に私の好み、ともいう)をぜひ皆さんと共有した~い。

ミュージックアソートは音楽の詰め合わせ。

合唱(アンサンブル)メンバーを公募する形で、合唱と楽器(器楽)とが響きあう機会を作っていきたい企画です。

演奏する人、演奏をサポートする人など、チームを作って音楽の喜びをたくさんの方と共有していければと思います。

企画準備からご一緒してくださる方を募集します。

興味のある方、ぜひぜひご一報ください!!

<おまけ>

先週合唱祭後の自分ご褒美。

DSC_0105.jpg

インスタ映え云々な撮り方ができない(笑)。

しょうがない、ヤギだから。

ちなみに、昨日はリエートの合唱祭打ち上げでした。

「炭水化物祭」を満喫。

調子にのってデザートを追加注文。

そして本日体重計の上で実感する「後の祭」(´・ω・`)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP