2011年9月11日に

昨日はMTEの2回目の合同練習会。

ピアニストも参加し、曲の全体像が見えてきました。

少しずつ曲にも慣れてきましたので、次回は、もっとニュアンスをいじっていきたいです。

昨日は、さらに、震災から半年の日。

偶然ではありますが。

MTE委員会では、震災の後にアメリカから届いたたくさんの応援メッセージを、SIF出演の9月23日の国際交流イベントや、MTEコンサートで展示すべく準備をしました。

作業の様子は下記をご覧ください。

2011年9月11日

(Facebookで海外の友人に紹介しているため、コメントは英語です。)

改めてメッセージを読み返し、当時のことを思い出しました。

3月、途方に暮れた日々。

苦しむ人に、何もできない自分にへこみ。

活動再開を必死に模索した日々。

震災前に決めたコンサートを、日にちを変更しないで、やることに決め。

あれから数か月、毎日必死に前に進もうとしてきた気がします。

目標があるから、前に進めるんですよね。。。

私は本当に幸せです。

今この時代に、音楽に携わっていることは運命なんだと思うんです。

誰かの役に立ちたいと思う気持ち、形に表す方法も人それぞれでよいと、最近は思います。

たとえそれが、思うように伝わらなくても、私は、いつも強く想っています。

私たちは私たちで、まずは、自分たちが日々を精一杯生き、いい音楽を作り。

近い将来、たくさんの人と寄り添える音楽活動ができていくようになればいいな、と。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP