5年だねぇ。

明日で、3年の留学から帰国してちょうどまる5年になります。

月日の経つのは早いもの。

そして今年5歳になる合唱団が3つあります。

LVEは帰国する前から準備を始めて、帰国後3日で体験会。

結婚やら何やらで、人は少し入れ替わりましたが、着々とLVEサウンドを構築中。

少人数をポジティブにとらえ、一人一人がしっかり歌える団体に育っています。

後は同じような志、方向性を持った仲間を増やして、ちょっとずつ活動の場を広げていきたいですよね。

SIFは、ちょっとしたご縁から、スタートした混声合唱団。8月にスタートしました。

人生初の混声で、さらに「英語で指揮する」をコンセプトの一つにして始めました。

最初は結構試行錯誤していたように思います。

合唱で国際交流を!を目指して、日々「楽しく(テンション高く)」活動中。

震災付近で人が減ってしまいましたが、こちらも少人数でも質のよいアンサンブルをしています。

5人で、混声4部合唱を喜んでやっちゃうあたりが大好きです。

そして、10月にスタートしたのがリエート。

「お母さんコーラス」のイメージをちょっと変えたいな、というのが私の結成の目的の一つでした。

そのように進んでいると思います。

リエートさんは今年特に、活動が活発☆いろんなところで歌っています。

毎年恒例になったら施設への訪問演奏会のように、リエート独自の活動を展開しているように思います。

先日、LVEとSIFは、宮城県合唱祭に参加してきました。

なんといいましょうか、5年の団の歴史をちゃんと表現できたんじゃないなぁと思うんです。

少人数ながらも、しっかりとしたアンサンブル。声量。

二つとも団のカラーを存分に発揮しました。

ご一緒いただくピアニストさんたちも、素晴しいですよね。

日々の活動の積み重ねが生み出す、合唱音楽的財産。

…と私は思います。

ありがたやありがたや。

後は歌の仲間をもっと増やし、より厚みのある合唱に挑戦していければ、と思うところです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP