一生もの。

ヤギは、4月からヴァイオリンを習いだしました。

弾けるようになりたい理由は山ほどあるので書けないのですが(^^;

目標の一つはヴィオラを弾くことです(←?)。

そんな折、偶然、テレマンのヴィオラコンチェルトをコンサートで聴く機会がありました。



私は合唱おバカさんなので、器楽曲はあまり知らなくて、この曲もこのコンサートで初めて聴きました。

音楽は好きですから、一人で聴いているとき感極まることも結構ありますし。

歌でぐっとくることも多々あります。

でも、大概は旋律や歌詞から、自分の中でいろいろな想いをめぐらせて、涙腺が緩むのかなと思います。

私の場合ネ。

この時のように、コンサート会場で、音が鳴りだした瞬間に、何かがこみあげちゃって、涙腺がやばくなったのは初めてかもしれないです。

本当に感動してしまって、今思い出しても、ぐっとくるのです。

そういう演奏に出会えることって、実は稀で。

どんなに機材が発達してCDや音源を手に入れることができても。

あの瞬間の音、響き、空気と、感動は、生演奏ならではのもの。

もう記憶と心の中でしか響かないのですよね。

でも。

形あるものはいつか壊れますが。

音楽の感動は一生の宝物だなっていつも思います。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP