いとをかし

合唱サークルれん杜さんでは、童謡・唱歌など懐かしい歌を二部合唱で楽しんでいます。

昨日は、明治期に作られた歌を2曲歌いました。

どちらも歌詞には平家物語や源氏物語、各種和歌、更に中国の漢詩のテイストがちりばめられています。

これこれ~。

こういうのが面白いのですよね。

今聴いている音楽も、長い歴史…音楽に限らない、連綿と連なる文化、人の営みの流れの中で生まれてきたのだな~。

そして、次の時代に流れていくのだな~。

なんて想いを馳せると、音楽も文学も、果てしなく奥深く、興味深い。

↓今の気分はおそらくコレ。

いとをかし

そうそう。

別件で、枕草子にちなんだ楽曲を知りましてね。

今年はきっとこういう年。

古文はもちろん、現代文さえ危ういワタクシ。

若き頃、古文、漢文の授業に寝ていたことを、よに口惜しく思ふ。

くちをし

=受講生募集中=

どなたでもウェルカム♪

solmi20170226-001.jpg solmi20170226-002.jpg

やぎらぼ特別講座

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP