歌の力

昨日、ラジオに出演したのですが。

その際に「好きな曲を」とのことで、平原綾香のジュピターをかけていただきました。

170603.jpg

思い出の1曲として持って行きました。

2004年に留学したのですが。

当時の私は、合唱歴だけはそこそこあったものの、音楽の基礎はまだら。

英語は「名詞って何ですか?」と語学の先生に質問して失笑を買ったくらいの落ちこぼれ。

そのくせ、苦労してやっとの思いで手に入れた仕事を捨てて、留学のチャンスに食いつこうとしていた、ちょっと狂った人でした(笑)。

狂っていたとはいえ、見知らぬ土地に一人で行く不安。

子供の頃からの英才教育がないのに、音楽学校でやっていけるかの不安。

言葉がわからないことへの不安など、不安材料は数え上げたらキリがなく。

そんな時、毎日の通勤で、車中で平原綾香のジュピターを大音量で聴いて、自分を鼓舞していたんです。

「夢を失うより悲しいことは、自分を信じてあげられないこと」

というくだりがね、私の心にいつも、聴くたびに、響いていました。

一部でも書いたらジャスラック来ちゃうのかな…(´・ω・`)

いよいよハンガリーに出発する夜、成田空港で号泣したこととか。

昨日は、色々思い出されました。

曲と一緒に、あの時感じた本当に小さなことまで、色鮮やかに思い出されて。

そういうものを超えて、今の自分がいるんだな~と改めて思った次第。

いつまでも過去の出来事を語っているのもどうかな~と思う時もあるんです。

未来志向のために。

でも、急に今や未来が生まれる訳ではなくて。

過去の出来事の一つ一つが今に結びついていて、それが明日につながっているのだから。

たまには、こういう振り返りもいいですね。

いやー、本当に、よく生き延びているなと思って(笑)。

あのできなさ加減で、よく行ったな~~。

今もね、自分の足りないところに目が行くことも結構あるんですけど。

あの時の私と比べたら、別人のようですから(笑)。

自分を信じることは忘れないようにしたいなと思いました。

それにしても。

やっぱり音楽ってすごいですね。

特に歌には底知れない力があると改めて思いました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP