小麦粉まつり in Japan

アタマ夏休みのヤギです。こんにちは。

ハンガリーでは、曜日と時間の感覚が変わり。

やることは多々あったものの、日本にいる時とは何かが大きく異なりまして。

日本では結構、日にちや曜日、時間をきちんと頭に入れて行動していましたが、あちらでは、それらがスコンと抜けまして。

頭のねじが緩んだような状態で日々を過ごしておりました。

特に後半の指揮コースでは、自分自身の勉強の他、友人たちと一緒に学んだり、語らったりした時間が多くて。

生きることそのものをじっくり味わって過ごしたように思います。

ひょっとして、ねじが緩んだのではなく

この「ゆるゆる」が本来の私の姿、性分なのかもしれません(笑)。

現地で撮影した写真の中にいるヤギは、めっちゃ生き生き。

年齢不詳に見られていたのをいいことに、若者ぶって人生を謳歌しましたとさ(笑)。

帰国してすぐ、世の中はお盆フェスティヴァルを迎えましたので。

ヤギの脳内は1か月にわたってサマーバケーション。

しかしながら、あいにくの空模様が続き。

夏の陽気につられて出かけるということもありませんで。

帰国後何をしていたかと言えば。

IMG_3751.jpg

急に思い立ってお好み焼きを食べに行ったり。

IMG_3752.jpg

実家に帰って、冷やし中華を食べながら、お盆用「団子」(すいとんにみたらしのたれを絡めたもの)をつまんだり。

そんなランチタイムに、父が「お飲み」と言ってくれたのはノンアルのビール。

なお、余談ですが、実家では、ごはんのオカズにうどんや焼きそばが出ることも多々。

IMG_3755.jpg

仙台駅の「ハチ」で、ハンバーグのお供にナポリタンを食べたり。

というような具合で、小麦粉祭。を楽しんでおりました。

ヤギのダイエットの大敵は「小麦粉」なんですけども。

ハンガリーではもちろんパン食で、毎日小麦粉祭でしたので。

このお祭りも約1か月にわたって続いたことになります。

こりゃー、盛大だね。体もむっくりするはずだ。

いつまでもこのままではいられませんので(^^;;

そろそろ頭の切り替えと、食事の切り替えをする頃合いでございます。

ゆるゆるとがんばります。はい。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP